--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:Mr.ブラック
  • 知人から、こちらに私の事が書いてあるとのことでやってきました。
    ご紹介いただき、感謝いたします。

    新聞記事はかなり美談となっておりますが、諦めない大切さをもっていることは事実です。
    お互いに切磋琢磨できればと思います。
    ありがとうございました。
  • 2011/03/18 13:27 | URL 
  • Name:あきの
  • 返信が遅れてしまい申し訳ありません。

    コメントありがとうございました!
    まさかご本人からコメントが戴けるなんて夢にも思っていなかったので、ただただ驚いています。

    黒沢さんの記事はいつも手帳にいれて、初心を忘れそうになった時に読み返しています。
    軽く200回は読んでいると思います。

    またツイッターでも@Luna_0322というアカウントでフォローさせて戴いております。

    これからも生き方・考え方・人生観を見習わせて戴きたいと考えています。
    どうぞ末永く宜しくお願い致します☆

    末筆になりますが、この度は温かなコメント本当にありがとうございました。
    入社前日に読むことが出来て良かったです!

    それでは、失礼致します。
  • 2011/03/31 14:47 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/07/28 20:53 |  
  • Name:あきの
  • >ぐっちさん

    約2か月遅れの返信になってしまい、申し訳ありません。

    コメントありがとうございました!
    感動した、と言っていただき大変嬉しく思います。
    私も黒沢さんのように諦めず、日々精進していこうと思っています。
    頑張ります☆☆

    最近めっきり更新回数が減ってしまったので(というよりゼロ)
    これからは少しずつ更新していこうと考えています。
    お時間がある時に遊びに来て戴ければ幸いです。

    それでは、失礼致します☆
  • 2011/09/19 19:39 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/08/10 01:59 |  

Leave a Comment


Trackback

http://pompo704.blog87.fc2.com/tb.php/268-c40b4e32

尊敬

カテゴリ:徒然に

01/20

こんにちは。
突然ですが今日は、私が心から尊敬する
「黒沢一樹さん」という方について書きたいと思います。

昨年2月に黒沢さんが朝日新聞で取り上げられていて
その記事を偶然見たことがきっかけで、黒沢さんに興味を持ち始めました。

その記事を以下に掲載します(載せて良いのか分かりませんが)

--------------------------------------------------

いつか、咲く「中卒のオレ がむしゃら勉強が変えた」
(朝日新聞:2010/2/21朝刊)


 姓はもう、何度変わっただろう。
 変わらないのは「一樹」という名前だけだ。「樹木のようにすくすく育ちますように」。そんな願いを込めた、と母親から聞いたことがある。


 28年前、母が17歳の時、山口の病院で生まれた。
 物心がついた時には九州にいた。「お父さん」と思っていた人は継父で、その人も10歳の頃に病気で亡くなった。
 半年後、次の父親が来た。気が短く、すぐ手を挙げた。のど元に包丁を突きつけられたこともある。定職につかず、酒ばかり飲んでいた。そんな中で、弟や妹は増えていった。
 「オレが稼がないと、この家壊れるな」。中学生になると、新聞配達で家計を支えた。
 高校に行くか金なんてない。そんなことはわかりきっているのに、受験勉強をして公立の工業科に受かった。「何か」が起きることを期待していたのだと思う。
 何の手続きもできないまま迎えた入学式の朝。寝転がっていると、高校から電話を受けた母親が聞いてきた。
 「どうするのか、って言ってるよ。行かないんでしょ?」
 「行かねーよ」
 たぶんあの時、一人で生きていく、と決めた。


 博多に出て、日本料理屋に勤めた。住み込みで給料は月5万円。朝5時に寮を出て、誰もいない板場で包丁さばきを練習した。いっぱしの料理人になりたい。そんな夢がふくらみ、3年たって東京の有名店で働く話が決まった。
 その直後、右手に異変が起きた。握ったまま、指がほとんど動かない。包丁を持つと、すとんと床に落ちた。病院を回っても原因すらわからない。夢どころか、仕事さえ失った。
 「オレの人生なんなんだよ」。
町をさまよい、開かない拳で訳もなく人を殴ったこともある。
 良くない仲間に誘われるまま、ふらふらと仕事を変えた。そして、19で東京に流れ着いた。


 数か月後。歌舞伎町でホストをしていた時、誘われてのぞいた飲み会の中に、黒沢、という女性がいた。
 おとなしくて、まじめな人。22歳で、保育士をしているという。
 今思えば、生まれて初めて会った「真っ白な人」だったかもしれない。
 うそをつかない。裏切らない。そんな当たり前のことがうれしかった。過去を告げても怖がらず、頼もしい人、と言ってくれた。この人といれば、変われるかもしれない。
 2年後、結婚した。
 「黒沢一樹」。それが新しい名前になった。これまでの付き合いはすべて絶ち、新しく生きていこうと決めた。
 「大卒」「高卒以上」。改めて求人誌を繰ると、こんな要件が並んでいる。中卒というだけで取り合ってくれない。
 それでもめげず、派遣の仕事と飲食店のバイトのかけ持ちで暮らしをしのいだ。がんばれたのは、妻がいたから。
 自分に自信をつけたい。そう思って、資格の勉強を始めた。平日は夜明け前に起きだして問題を解き、通勤電車で参考書を読む。週末は専門学校に通った。
 学ぶたびに世界は広がった。それにつれて、自分のことを理解してもらうコツもつかめてきた。2007年、税理士事務所の職員に迎えられた。ほどなく簿記1級にも合格した。26歳になっていた。


 がむしゃらな日々に一息ついて、思うようになったことがある。
 無学と貧しさは、悲しいくらいつながっている。しんどい思いはいっぱいした。その経験が、戸惑うだれかの役に立たないか。
 専門学校で知り合った友人と話し合い、08年秋、職につけない若者のための相談活動を無料で始めることにした。
 去年の暮れ、こんあことがあった。自分より少し年下の、20代半ばの男性。「この人で大丈夫か」。そんな顔でこちらを見ている。聞けば、一度営業の仕事に就いたが合わず、あてもなくやめてしまったという。以来、どこも面接すらしてくれず、日雇いの仕事を続けていた。
 これまで書いてきた履歴書を見せてもらい、細かく分析した。「自信を持って話せることをアピールするんだ」「向こうが質問したくなる内容にしないと」
 同じファミレスで何度も待ち合わせ、何時間も話し込んだ。
 「受かった」と電話がったのは、それからすぐだった。「だから言ったろ?大丈夫って」知らずに笑顔がこぼれていた。
 一つずつ、確かなものが積みあがっていく。
 子どもも2人、授かった。2歳の女の子と、10カ月の男の古。2人とも妻に似て、よく笑う。
 あやすとき、右手を添えて抱き上げる。そういえば、少しだけ指が動くようになってきた。
 最高の人生を送ることは難しい。でも、悪くない人生を送ることは、きっとできる。
 「一人じゃないからね」
 相談者にはいつも、こう伝えている。

--------------------------------------------------

私はこの記事が大好きで、2日に1回は必ず全文を読んでいます。
読むたびにはっとさせられるんですよね。
「怠惰な自分、これじゃダメだ」と思います。

以前から、偏差値とか、高学歴とか、容姿が良いとか…
そのようなことにはあまり興味がなくて
それよりも男女問わず
「カッコいい生き方」「素敵な生き方」
をしている人はいないのかな、と思っていました。
そう思っていた矢先に、この新聞記事に出会いました。

この黒沢さんの生き方こそが、私が思う「カッコいい生き方」だと思います。
どんな境遇にあったとしても、言い訳をしないで、絶対に諦めない、愚直でがむしゃらな生き方が、私には衝撃的でした。
私とは正反対の境遇だし、まるで違う人生だとは思います。
ですが、この方から学ぶことは山ほどあるので、自分の人生に少しでも活かせていけたらなと思っています。

長文失礼致しました。

ではでは☆
スポンサーサイト

5 Comments

  • Name:Mr.ブラック
  • 知人から、こちらに私の事が書いてあるとのことでやってきました。
    ご紹介いただき、感謝いたします。

    新聞記事はかなり美談となっておりますが、諦めない大切さをもっていることは事実です。
    お互いに切磋琢磨できればと思います。
    ありがとうございました。
  • 2011/03/18 13:27 | URL 
  • Name:あきの
  • 返信が遅れてしまい申し訳ありません。

    コメントありがとうございました!
    まさかご本人からコメントが戴けるなんて夢にも思っていなかったので、ただただ驚いています。

    黒沢さんの記事はいつも手帳にいれて、初心を忘れそうになった時に読み返しています。
    軽く200回は読んでいると思います。

    またツイッターでも@Luna_0322というアカウントでフォローさせて戴いております。

    これからも生き方・考え方・人生観を見習わせて戴きたいと考えています。
    どうぞ末永く宜しくお願い致します☆

    末筆になりますが、この度は温かなコメント本当にありがとうございました。
    入社前日に読むことが出来て良かったです!

    それでは、失礼致します。
  • 2011/03/31 14:47 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/07/28 20:53 |  
  • Name:あきの
  • >ぐっちさん

    約2か月遅れの返信になってしまい、申し訳ありません。

    コメントありがとうございました!
    感動した、と言っていただき大変嬉しく思います。
    私も黒沢さんのように諦めず、日々精進していこうと思っています。
    頑張ります☆☆

    最近めっきり更新回数が減ってしまったので(というよりゼロ)
    これからは少しずつ更新していこうと考えています。
    お時間がある時に遊びに来て戴ければ幸いです。

    それでは、失礼致します☆
  • 2011/09/19 19:39 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/08/10 01:59 |  

Leave a Comment


Trackback

http://pompo704.blog87.fc2.com/tb.php/268-c40b4e32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。